りとキャン△キャンプと旅と散歩のあしあと

自然に癒やされたいわたしのキャンプ・アウトドア、そして日常ではない何者かになりたいわたしの旅の記録

【東京・奥多摩】氷川キャンプ場で年末冬キャンプ!焚火台デビューと苦い思い出

寒さに全くの耐性が無い私は、冬の旅行で居住地から北をチョイスする事はほとんど無かったのですが、冬キャンプはしたいなって思ったので行って来ました😊

行った日

2020 年 12 月 19 日(土)〜 20 日(日)の一泊二日🏕

ソロキャンです〜🥳

氷川キャンプ場

氷川キャンプ場入り口
氷川キャンプ場入り口

www.okutamas.co.jp

基本情報

所在地

〒198-0212
東京都西多摩郡奥多摩町氷川702

電話

0428-83-2134

予約について

  • テント泊は土曜日のみ要予約
  • それ以外は予約無しで OK

チェックイン・チェックアウト

  • チェックイン: 8:30 〜 16:00(テント泊)
  • チェックアウト: 10:00

テント泊の場合、 8:30 から入場できるっていうのはとっても良かった🥰

チェックインが 13 時のところとかだと冬はすぐ暗くなっちゃうから、朝から入場できるのはうれしいポイントです✨

受付
受付で予約した名前とかを受付票に記入します

ちなみにこの日は 9:30 にチェックインしました✨

あっ そうそう、ここは paypay が決済に使える(受付も売店も)ので、そこもおすすめポイントです🎉

料金

テント泊

1 人 1,000円(小学生以上)

基本の料金はこれだけです✨
めっちゃ安い🥰

河原サイト

テント泊は河原サイトです

河原サイトの様子

河原は2段になっていて、上段奥・上段手前・下段あたりをチョイスしてテント張る形になると思います🏕

今回は上段手前にテントを張りました🥳 テント張った

上段手前は見晴らしが結構良い感じです✨ キャンプ地確保したよ

上段奥はこんな感じ 上段奥の様子

上段手前はこんな感じ

上段手前の様子上段手前の様子
上段手前の様子

下段はこんな感じ

下段の様子

ぐるっと動画を撮ってみました、これで感じがわかるかな😊

川に近いところにテントを張る時の注意点

下段にテントを張って一泊しようとする場合は気をつけてほしい事があります。

それは「川の音」です

基本的に、昼だろうが夜だろうが川の水量はさほど変わらないので、同じくらい川の流れる音がします。

しかもけっこうな轟音なんです笑

もし眠る時に周囲の音が気になる人なら、下段は避けて上段にテントを張った方が良いです。

私は上段でも音が聞こえたので、耳栓をして川の音を遮断しました😊

夜の様子

夜はもちろん真っ暗ですが、各々の灯りがあるので良い感じです🥰

夜の様子

この日は夜で -0.1 ℃まで下がりましたが、焚き火をしたのでそこまで寒さは感じませんでした😊

-0.1℃を示す温度計

焚き火

ちなみに、朝は -1.8 ℃まで下がりました

-1.8℃まで下がった

直火 OK

直火が OK で、灰はそのままにしておいてねっていうスタイルでした✨

とはいえ河原サイトなので、焚き火した後はキレイに地面をならしておくと良いと思います

石を積んで焚き火した後が結構散見されたけど、フリースペースで区画があるわけじゃなので、次に使う人にとっては結構邪魔だなって感じました

お隣さんと一定の距離を取った上で「ここを本日のキャンプ地とする!」みたいにしようと思っても、焚き火跡が邪魔で微妙な気持ちになって(結局自分が片付けるか、場所変える)幸先悪いので、ある程度は片付けた方がよいと思います✨

炊事場

炊事場は結構キレイでした✨

炊事場の様子

定期的にパトロールしてて掃除もしてくれてるので、いつでも清潔に使えました✨

ゴミ収集所

ゴミの収集所は管理棟のところにあります。

ごみ収集所

氷川キャンプ場名物「キャンパー殺しの坂」

私が勝手に言ってるだけなので名物かどうかはわかりません笑

管理棟から河原サイトまでは坂道になっていて、結構急な坂道です。

坂道がきつい

こんな感じの坂を 3 〜 4 ラウンドやると河原サイトに出られます。

荷物が多い場合はカートとか準備して、できるだけ少ない往復でいける準備をしておいた方が良いかもしれません😎

売店がめちゃめちゃ充実してる

売店入り口

売店の品揃えがすごかったです

薪は 3 種

薪は 3 種類販売してました

  • 針葉樹:700 円
  • 広葉樹:1,000 円
  • 調理・焚き付け用:600 円

おそらくスタンダードは針葉樹なんだと思われ。

調理用の 600 円の薪は、細めの薪で構成されてました。(上の写真の左の、箱じゃなくて丸くまとめられてるやつがそう)

針葉樹(奥)と広葉樹(手前)の薪
針葉樹(奥)と広葉樹(手前)の薪

私は 700 円の 針葉樹 の薪を購入しましたが、焚き付け用に細めの薪も少し入っていましたよ

沢山入ってて結構重かった笑

昼・夜・朝 でガンガン焚き火するなら 2 箱は必要かな。

私は 1 箱で 夕方・夜・朝 いけました😊

それくらいそこそこの量入ってます🎄

焚火に向いている薪図鑑

売店の軒先にこんなのも置いてありました

焚火に向いている薪図鑑

ふむふむ、、針葉樹はガッツリ火持ちしないのね(たしかに)

勉強になります🥰

店内

売店の中はすごい取り扱い量で、とりあえず基本的なものなら手に入らないものは無い感じでした✨✨

お菓子・飲物・氷から生活雑貨まで取り扱っててすごい品揃え
お菓子・飲物・氷から生活雑貨まで取り扱っててすごい品揃え

お菓子の種類がすごい!カップ麺や調味料もたくさん!
お菓子の種類がすごい!カップ麺や調味料もたくさん!

少なくとも調味料忘れて困る事はなさそう
少なくとも調味料忘れて困る事はなさそう

ラーメン、うどん、パスタにお米までなんでもあります(ドヤっ
ラーメン、うどん、パスタにお米までなんでもあります(ドヤっ

缶詰やお酒を割るための炭酸水とかもありました
缶詰やお酒を割るための炭酸水とかもありました

お父さん〜ホッピーやウイスキー、日本酒も置いてまっせー!おつまみ缶詰の種類も豊富
お父さん〜ホッピーやウイスキー、日本酒も置いてまっせー!おつまみ缶詰の種類も豊富

氷や洗面用具もしっかりカバー。軍手忘れがちなので置いてるのうれしい
氷や洗面用具もしっかりカバー。軍手忘れがちなので置いてるのうれしい

おつまみ缶詰艦隊とカップ麺山脈のコラボレーションをどうぞ
おつまみ缶詰艦隊とカップ麺山脈のコラボレーションをどうぞ

冷えたビール・ハイボールなどのお酒もあるよ。水もあるし卵も売ってます。あとウインナーも冷蔵庫にあったよ。
冷えたビール・ハイボールなどのお酒もあるよ。水もあるし卵も売ってます。あとウインナーも冷蔵庫にあったよ。

こちらはレンタルできる鍋とか調理器具いろいろ。
こちらはレンタルできる鍋とか調理器具いろいろ。

駅から徒歩 5 分の好立地!

電車移動の徒歩キャンパーにとっては嬉しすぎる立地でした

最寄り駅は JR 青梅線奥多摩駅です

風情ある奥多摩駅の外観

ホリデー快速おくたまっていうやつに乗れば、新宿駅から乗換なし一本で来れました✨
(95分くらいかかる)

道のりもまっすぐ歩けば良いだけなので、ほぼ迷う事なしでした😊

途中の橋から氷川キャンプ場を見下ろす
途中の橋から氷川キャンプ場を見下ろす

充実の周辺施設

売店が充実しているので基本的なものは何でも揃いますが、キャンプ場の周辺でも色々と商店があって、重宝しました

氷川キャンプ場の周辺にある商店
氷川キャンプ場の周辺にある商店

一番遠い左下のコンビニでもキャンプ場からは徒歩5分くらいだったので、売店にないものをゲットしに行くのも全然アリです🎉

周辺の様子。コンビニに行ってきたよ。
周辺の様子。コンビニに行ってきたよ。

次に活かそうメモ

時間を無駄に使ってしまった

初めての焚火台で火のキープを失敗してランチがうまくいかなかった😢

それで気がついたら時間をがっつり使ってしまっていて、せっかく早く来たのに探検したりできなかった🥺

今のシュラフだと寒い

これくらいの寒さだと、Mont-bell のダウンハガー 800 #3 だと辛い🥺

シュラフ重ねるかグレード上げないときついなーと思った🥺

寒いと箸が使えない

手がかじかんじゃって箸が全然使えなかった笑

フォークメインにしたほうがよさそう笑

まとめ

冬でも寒くないようにすればキャンプは楽しめる!

今回はあまり遊べなかったので、また氷川キャンプ場に行きたいと思います😊

タイムライン

最後は私の行動記録です🥳